【お詫び】治安Carガス欠事案について

こんばんは。アジェンダチーム リペアグループです。

さっそくですが8月19日車両故障事案がありましたので謹んでお知らせするとともに、関係箇所にたいへんご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

以下に本事象の概要を示します。

1.発生日時 2021年8月18日 21時20分
2.場所 神奈川県海老名市国分北地先 国道246号線大和厚木バイパスくだり線付近
3.状況

治安Carは最終入庫のために給油箇所へ向かっていたところ、エンジン回転の低下を認めた。その直後油圧・電圧警告灯の点灯と同時にエンストしたことから、大和厚木BP内国分交差点を左折した側道で停車し、損保業者を通してロードサービス業者に救援を依頼した。
(※注釈) 当時は回送中であり、受託していた貨物はなく、延着被害はない。
(※注釈) 当時はクルーのみ乗車しており、おケガをされたかたはいない。
4.原因 燃料消費予測の誤り
5.対応・再発防止策
今後燃料消費量にかかわらず、2日に1回の給油を徹底する。やむを得ず給油できなかった場合、ニアエンプティ警告灯が点灯した時点で少量の給油をおこなうなど、エンスト防止のための対策を徹底する。

おおまかな状況としては上記のとおりであり、給油に行こうとしたらガス欠を起こすという大変お粗末なことになってしまったわけです…

ここからは具体的に書いていきます。

国道246号線を走行中、エンジン回転が不安定になったことを認めた。

もともと燃料残量が少なかったために「もしかして…」と嫌な予感がした。

その直後、油圧警告灯と電圧警告灯が点灯。

交差点に差し掛かっていたため、すかさず左折して側道にはいったところに止めて対応を検討。

結果損保業者のロードサービス特約をつかうことになり、損保会社に連絡をいれた。

故障を起こし停車した場所

損保業者に連絡をいれて「海老名市国分付近で燃料切れを起こして停車した」と申告し、契約内容の確認をとる。

結果年1回のロードサービス特約が残っていたため、ロードサービス業者に燃料10Lを持参していただけることになった。

20分程度でロードサービス業者から連絡があり、厚木市内から見えられるためそんなに時間はかからないとのお話をいただいた。

その間はスマホをみたり車内を整理したりして時間をつぶした。

10分程度でロードサービス業者が臨場した。

ロードサービス業者

燃料を補給したところエンジン起動して通常通り走行できる状態になったとして対応は終了。

伝票に署名したのち業者は帰っていかれた。

その後予定していた給油箇所へ向かい、燃料を満量補給して車庫へ引き上げた。

大変しょうもない内容でロードサービスを手配することになってしまったわけですが、万一重篤な故障で身動きが取れなくなった場合の予行練習にはなったのかなとは思います。

みなさんも燃料切れには十分ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。